Tag Archives: 御製碑

福岡の歴史を刻んだ印象的な記念碑を制作しています!

国の有形文化財に登録された「名島橋」の記念碑が完成しました!

「石を通じて社会に貢献する」を企業理念とする山野石材(株)では、
積み重ねてきた100余年の歴史と信頼の技術を基盤に
お墓づくりを行う墓石事業のほか、「建築事業」や福岡の街づくりを支える「景観事業」、
そして福岡の歴史や文化を刻んだ記念碑や歌碑の制作にも力を注いでいます。

2018年8月には、福岡市東区の名島と箱崎を結ぶ「名島橋」の国の有形文化財登録において、
「記念碑」の制作に当社がご協力させていただきました!

 

 

名島橋は長さ約204m、幅約25mの鉄筋コンクリート造りの橋で、1933年に完成。

7つのアーチが連続し、バルコニーや親柱にある花こう岩の半球など、美しい装飾や意匠を施した

地域の皆様にも愛されている橋です。

都市化が進む近代福岡を象徴する橋でもあり、この「名島橋」の有形文化財登録については

十年以上にわたって名島校区自治協議会をはじめとする地域の実さなマが一丸となって国などに要望し続けてきました。

今回は満を持しての登録の決定であり、福岡市の中で橋の有形文化財登録は初めてのことです。

 

この有形文化財登録について刻んだ「記念碑」は、名島橋西側の歩道に設置されました。

東区の街並みと多々良川の風景が美しく溶け合い、

川に向かう遊歩道からは名島橋の美しい7つのアーチが望める好立地です。

 

 

この記念碑の場所から望む多々良川の夕景とてもきれいですよー。

ぜひ近くにお越しの際はお立ち寄りくださいね。

 


 

山野石材ではそのほかにも、様々な記念碑や歌碑、モニュメントなどについて企画から施工まで行っています。

地域のモニュメントともなる印象的なデザインはもちろん、周辺環境との調和や、

石の経年化まで考慮した材料の選定まで幅広い視点からご提案できるのも、

創業100余年の歴史と実績を持つ山野石材ならでは。ぜひお気軽にご相談ください。

 

●公園などの竣工記念碑

 

●天皇陛下の詠歌を刻んだ御製碑

 

●学校関連の記念碑も承っております。

 

山野石材が建立した福岡の記念碑・石碑のご紹介は→石碑・歌碑

 

 

担当者メッセージ

石碑・歌碑の建立も山野石材にお任せください!

山野石材は創業100年以上の歴史のなかで、地域の石碑や学校・企業様の記念碑、寺院・神社の歌碑など、さまざまな建立実績を誇ります。 ご予算に応じて、石種やデザインのご提案から設計・施工まで一貫してお応えします。
また同業者や協力業者の皆様からの連携・協力のご依頼に対しても、信頼の実績でご対応いたします。
ご相談・お見積はもちろん無料です。ぜひお気軽にお問合せください。

(景観部門担当/上原 正也)

上原正也プロフィール

入社以来、福岡を代表する様々な都市開発プロジェクトの石工事に携わる、景観部門のプロフェッショナル。
これまで、青葉公園、アイランドシティ、那珂川河川敷、天神中央公園、西公園、中洲清流公園など様々な公共工事や記念碑の建立などを担当し、実績に裏打ちされた実力と豊富な経験・知識で、福岡の美しい景観と快適なくらしを支え続けている。
取得資格/一級土木施工管理技士、監理技術者、終活カウンセラー初級、お墓ディレクター1級など

地域の歴史に残る記念碑の建立にも力を注いでいます①

地域の歴史に残る記念碑の建立にも力を入れています!

 

創業100余年の歴史と実績を誇る山野石材は、これまで様々な記念碑の建立を行ってきました。

その中には地域の歴史を物語るものから、遠き歌人の思いを刻んだ万葉歌碑、

そしてお寺や地域のシンボルとなっているものも少なくありません。

 

そのひとつが御製碑。御製碑とは天皇陛下が詠まれた御製歌を刻んだ石碑のことで、

山野石材は過去にも御製碑の建設に携わり、地域を象徴するモニュメントになっています。

 

 

そして、今回、昨年10月に開催された「第37回全国豊かな海づくり大会 福岡大会」を記念して、

天皇陛下から賜った御製を刻んだ石碑を大会にゆかりが深い鐘崎漁港に建立することとなり、

建設・施工において、山野石材がお手伝いさせていただくことになりました。

完成した御製碑がこれ!

 

完成した御製碑
玄界灘を背景にたたずむ御製碑

記念碑の正面には

「くろあはびあさりの稚貝(ちがひ)手渡しぬ漁(すなど)る人の上思ひつつ」という

御製【天皇陛下が詠まれた短歌】が刻まれています。

 


 

去る3月24日には、御製碑をお披露目する除幕式が開催。

小川福岡県知事、谷井宗像市長、樋口県議会議長、県漁業協同組合連合会代表理事会長なども出席され、

地元・玄海高等学校邦学部による太鼓の披露や、

小学生による「豊かな海づくりメッセージの発表」なども行われ、盛大かつ賑やかな式典となりました。

 

玄海高等学校 邦楽部による太鼓の演奏。迫力たっぷりの太鼓のステージに参加者の皆さんから大きな拍手が贈られていました。

 

玄海小学校の児童たちは「未来に引き継いでいくために、森、川、海を守る活動を続けていきます」と力強く宣言。

 

イベントには福岡県のゆるキャラ「エコトン」も参加。

 

大会には知事や市長も参加。今回の御製碑の完成に対する祝辞が贈られました。

 


 

祝賀イベントのあとはいよいよメインイベントの除幕式!

知事や市長のほか代表の方々がテープを持ちグイッと引っ張ると…

御製碑がいよいよ皆さんの前にお披露目されました!

 

そして最後は皆さんで記念撮影。子供たちにとっても記念すべき一日となったようです。

 

この御製碑、石碑はもちろん、山野石材としてはもう一つ注目してほしいポイントがあります。

それは台座の張り石。

実はこの張り石のなかには

かわいらしいフグが隠れているんですよ!!

このフグを見つけたら、何かいいことがある…かも!?

御製碑をご見学の際はぜひ見つけてみてくださいね。

 

山野石材が建立した福岡の石碑・記念碑はこちらから→石碑・歌碑

 

 

担当者メッセージ

石碑・歌碑の建立も山野石材にお任せください!

山野石材は創業100年以上の歴史のなかで、地域の石碑や学校・企業様の記念碑、寺院・神社の歌碑など、さまざまな建立実績を誇ります。 ご予算に応じて、石種やデザインのご提案から設計・施工まで一貫してお応えします。
また同業者や協力業者の皆様からの連携・協力のご依頼に対しても、信頼の実績でご対応いたします。
ご相談・お見積はもちろん無料です。ぜひお気軽にお問合せください。

(景観部門担当/上原 正也)

上原正也プロフィール

入社以来、福岡を代表する様々な都市開発プロジェクトの石工事に携わる、景観部門のプロフェッショナル。
これまで、青葉公園、アイランドシティ、那珂川河川敷、天神中央公園、西公園、中洲清流公園など様々な公共工事や記念碑の建立などを担当し、実績に裏打ちされた実力と豊富な経験・知識で、福岡の美しい景観と快適なくらしを支え続けている。
取得資格/一級土木施工管理技士、監理技術者、終活カウンセラー初級、お墓ディレクター1級など